FC2ブログ

中古住宅は安価で購入できるので、広さや立地条件を新築物件よりも優先することができます

中古住宅は安価で購入できるので、広さや立地条件を新築物件よりも優先することができます。ある程度の修繕は自分達で行うことで費用を浮かせることもできます。ただし、リノベーションはリフォームよりも時間もお金もかかります。どのような物件に住みたいのか、費用はどれくらいかかるのかも考えて住まい選びを行いましょう。中古住宅を購入する際には、不動産業者の紹介やインターネットを参考にして物件を探す方法がありますが、新聞などに折り込まれているチラシなど不動産広告を参考にする人も多いでしょう。この広告を見る際に注意点を知っておき、中古住宅の購入に役立てましょう。不動産広告には誇大広告や不当表示を防止するために、表示に関するルールが決められています。広告に表示されている事項を読む時の注意点を考えていきましょう。住まいに必要な資金の他、家族が暮らしていくための生活費や教育費なども同時に必要になります。中古住宅の購入費用だけを考えて貯金を残しておかないと、医療費など急な出費の際に手持ちのお金がないという事態にも陥りかねません。また、無理な住宅ローンを組むと景気悪化などで給料が下がったときに生活に大きな影響を与えます。くれぐれも支払いが難しいローンを組まないようにしてください。ここでは、標準的な目安を紹介しましょう。ベランダやバルコニーは所有者が自由に使える空間ですが、災害時の避難路になりますので、仕切り板の前に通行の妨げになるような物を置いたりできません。一般には、この部分は共用部分となります。配管設備は、メーターまでは共用・メーターから自室に引き込んでいる部分に関して専有部分と考えられます。そのため、水漏れがあった場合、メーターまでの部分が原因ならば管理組合の責任で修理を行い、メーターから自室までの部分が原因ならば所有者が修理しなければならないことになります。玄関の扉も好きな色や形態にすると外観の問題が生じます。そのため、玄関は共用部分であると考えられます。
最近の記事
リンク