FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古住宅を購入する際には、何度も現地へ

住宅購入は人生の中で最も大きい買い物ではないでしょうか。その購入した住宅に欠陥があった場合に対処する制度の1つとして瑕疵担保責任があります。中古住宅を購入する際には、充分時間をかけて物件をチェックしているはずですが、それでも通常の注意ではわからないような欠陥が隠れている場合があります。例えば、雨漏りのある物件であったと購入後にわかった様な場合です。通常備わっていなければならないのにそれが欠けている状態を瑕疵と言います。この瑕疵が隠れて分からなかった場合に売主が買主に負う責任が瑕疵担保責任です。重要事項にも記載されていなければならないので必ずチェックしておきましょう。・スイッチやコンセントの配置や数電化製品の配置を考えるうえで大切ですので、必ずコンセントがどこにあって数はどのくらいあるのかの確認をしておきましょう。また、スイッチの位置が使いやすいかも確認することが大切です。ガス温風器などガス器具を利用している場合には、ガスのコンセントがあるか、その位置はどこにあるかの確認も必要です。中古住宅を購入する際には、何度も現地へ足を運び、納得のいく物件を選択してください。民法では、この瑕疵担保責任は隠れた瑕疵を知った時から1年以内、損害賠償請求ができます。契約後に雨漏りがわかり、その補修が不可能である場合には契約の解除もできます。売主には契約を履行する義務があるので物件が引き渡せない状態ならば買主の権利が損なわれるからです。この場合、売主がその瑕疵を知っていたかどうかは関係ありません。・リフォームしやすい中古住宅は価格が安い分、リフォームにお金をかけることができます。また、リフォームが必要であることを前提に安いという場合もありますし、値引きの交渉も可能です。自分や家族の目的に合わせた中古住宅を見つけて購入してください。
最近の記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。