FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーストーン:世界中の琥珀

日本では琥珀(コハク)というと、岩手県の久慈地方で大量に産出される琥珀が良質であることもあり、特に知られています。


琥珀は、世界中で産出され、クリスタルと並ぶ琥珀の代表的な存在となっています。主な琥珀の産地としては、シシリー、シベリア、メキシコ、ビルマ、日本の久慈や銚子などが有名です。また、近年、ドミニカ共和国産の琥珀が世界的に出回り、また良好な虫入り琥珀という珍しい琥珀が多産することで知られています。


中米ドミニカ共和国産の琥珀には、大型の昆虫や、行動の活発な爬虫類(はちゅうるい)が取り込まれた琥珀があります。たとえば、糸とんぼやトカゲなどが琥珀のなかにまさに封じ込められているのです。
これは大変珍しいもので、約3,000万年前のものといわれるものが産出されています。
琥珀のなかにどうして化石が閉じ込められてしまうのでしょうか?


琥珀はもともとは液体です。流動的な樹脂なのです。樹脂は、嵐や害虫に傷つけられた樹木の傷口から分泌されるため、まれに当時周辺にすんでいた昆虫などを包み込んでしまうことがあるのです。これが、ドミニカ共和国で産出されるような「虫入り琥珀」の主な成分となるのです。


世界で琥珀といえば、やはりバルト琥珀が著名です。琥珀大鉱床は、バルト3国~デンマーク一帯の多国籍にわたる沿岸地方、つまり旧プロシャを中心とするバルト海沿岸地方に分布しています。なかでもロシア・カリーニングラード州北西部のサムランド半島には、世界の3分の2が埋蔵しているといわれています。
最近の記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。