FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーストーン:琥珀

みなさんは、石のなかに何やら虫や木の葉などが入り込んだものをみたことがありますか?
琥珀は樹木の化石と呼ばれることがありますが、その樹木の化石のなかに別の化石、昆虫などの化石が封じ込められたものを「虫入り琥珀」と呼ばれます。近年、世界的に出回っているドミニカ共和国産琥珀には、良好な虫入り琥珀が多産することで知られています。


虫入り琥珀は、もともと液体で流動的な樹脂からできる琥珀のなかに、当時周辺に住んでいた昆虫などが入り込んでしまい、いっしょにかたまってしまったものです。したがって琥珀のなかからは、昆虫だけでなく、植物や種子をはじめとするさまざまなものが入りこんで時がとまったようにみえます。
トカゲや鳥の羽根など、また水や空気なども発見されます。


これらの化石には、樹脂に包まれて保護され、当時のそのままの姿を良好に保っているものもあります。この体内からDNAが検出されるものもあるのです。したがって、「虫入り琥珀」は、古代の世界の自然環境や生物の発達と進化を伝える重要な情報源なのです。


多くのパワーストーンと同様、琥珀には、古くからさまざまな愛や思いを伝えるとされる伝承があります。病気や悪霊を寄せ付けない石として、クリスタルと並ぶ代表的なパワーストーンなのです。
その円熟した深みのある色合いは、どれをとっても異なる微妙なもので、ひとうひとつ手にとって気に入ったものをお買い求めると本当に心の支えとなってくれそうです。
最近の記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。