スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琥珀:日本のパワーストーン

琥珀(こはく)は、天然石の特徴とあって色彩が微妙に異なり、それがまた琥珀ゆえの魅力となっています。
日本の琥珀というと、岩手県の久慈地方の琥珀が有名です。琥珀の埋蔵量においては国内に比類のない大産地とされています。


実は、琥珀の産地は全国的に点在しているのですが、いずれも小規模なものが多いのです。
比較的有名なところでは、たとえば、北海道の三笠地方、福島県のいわき地方、千葉県の銚子地方、岐阜県の瑞浪、山口県の宇部、福岡県の炭田があります。また東京でも八王子が琥珀の産地として知られているといいますから、ちょっと驚きですよね?



これらの産地では標本程度の琥珀を採取することが可能です。しかし商業的な面で資源価値があるとされるのは、やはり岩手県の久慈がダントツなのです。埋蔵量も他の産地とは比べられないほどですが、その品質も高く評価されています。
採掘の歴史も古く、また今もなおその歴史は続いているのですから驚きです。さまざまな宝飾品に加工されているのです。


久慈産の琥珀原石は、一般に褐色で、赤みを帯びたものが多いとされます。なかには約8,700万年前のものもあるといわれます。世界初で最古と言われるのが、「鳥類の後羽(こうう)」です。岩手県九戸郡種市町で産出されたものです。1997年になって発見された世界最古で鳥類の羽根の化石が琥珀に閉じ込められたものです。約8,700万年前のものとされています。


パワーストーンとしてクリスタルと並び、古来から親しまれてきた琥珀アクセサリー・ジュエリー。宝飾品としての価値だけでない神秘的な魅力をもつ石です。
スポンサーサイト
最近の記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。